ワイヤレスのクレジット端末が便利すぎて感動するのでオススメしたい!

出張時やフリーランスで働いている方が必ず思うのが【クレジットカード決済がワイヤレスで出来たらいいのに‥‥】というもの。

外部のイベントはもちろん、最近急増しているフリーランスの方などには必須でしょう。

クレジットが使えないというのは、それだけで利益を逃してしまう可能性がある大きな機会損です。

クレジット利用不可ならお買い物しないという層は一定数いますし、そういった層の方ほど単価が高かったりしますからね。

今回はワイヤレスのクレジット端末を探しているあなたに特におすすめの端末『Times Pay』をご紹介します。

これを読むことで、ワイヤレス端末の導入はもちろんこれから先の機会損失を未然に防ぐことが出来ますよ!

 

ワイヤレスクレジット端末『Times Pay』とは?

 

あなたも町中でみかけたことのあるコインパーキング「パーク24」が2018年からサービスを開始したワイヤレスクレジット決済サービス。

最新の機能やスペックと共に、カーシェア・レンタカーを利用する際もオトクになるという利点から、利用者がドンドン増えている注目のサービスなんです。

 

うさぎ

ではここから『Times Pay』の魅力を伝えていきますよ~!

 

コチラからTimesPayの詳細をチェック


公式サイトでTimesPayの詳細を確認する

 

『Times Pay』のメリット3つ

 

 『Times Pay』の3大メリット

  • 1,無線接続なので場所を問わず使える。
  • 2,実質0円で導入が可能。
  • 3,手数料が3%程度で抑えられる。

 

ひとつずつ解説していきますね。

 

1,無線接続なので場所を問わず使える

 

ワイヤレスクレジット端末の最大の魅力といえば、言うまでもなく『レジ周り以外でも決済(お会計)が出来る』という点。

業種によってはお客様の自宅で決済が必要なシーンもありますし、勤務場所を定めないフリーランスにとってはどこで決済になるかのタイミングは一定ではないでしょう。

そんな場面で必要不可欠なのが『場所を問わず使えるクレジット端末』

 

みかづき

ほんとにどこでも使えるんですか?Wi-Fiないところじゃ無理でしょ?

 

このワイヤレスクレジット端末『TimePay』の場合は「位置情報の取得」「通信環境」さえ整えばどこでも利用可能です。

通信環境といってもWiFiはセキュリティのために使わずに4G回線でのやり取りになるので、実際はほとんどの場所で使用出来ます。

ネット工事はもちろん、ルーターみたいな専用設備さえ必要ありません。

野外イベントなんかの催しでも使えるのが嬉しいですね。

 

2,実質0円で導入が可能

Times Payを利用する場合に必要なのは

1,カードリーダー(クレジットカードを読み込む端末)
2,モバイルプリンター(明細や控えを出す)
3,専用タブレット(設定や管理用)

の3つだけ。

 

本来カードリーダーとモバイルプリンターは導入に25,000円(税別)がかかるんですが、現在は同額25,000円分のタイムズチケット(有効期限3ヶ月)がプレゼントされるため、実質0円で導入が出来ます。

また専用タブレットも導入1年目は無料での利用が可能で、2年目以降も一定額の利用により無料で使うことが出来るんです。

 

みかづき

でも通信費とかがかかっちゃうんじゃないですか?

 

ご安心を!通信費は0円なのでかかりません。

 

なので導入直後は、カード決済の手数料だけを支払う形になるでしょう。

 

で、手数料ってどれくらいかかるのか?っていうと次の項目!

 

3,手数料が3%程度で抑えられる

一般的にクレジットカードでの決済手数料は、4~7%です。

しかしTimes Payの場合はVISA・MasterCardは3,24%、JCB・American Express・ダイナーズ・DISCOVERは3,74%〜と、約3%での利用が可能です。

この手数料ってのがクレジット決済における1番のランニングコストになるので、これは低ければ低いほどユーザーには負担が軽くてたすかるんです。

100万円の売上があった場合、手数料7%なら7万円を支払うって考えるとちょっと抵抗がありますよね?

これが3%程度で抑えられるのはめちゃくちゃメリットなんですよ。

さらに振込手数料も無料というからありがたすぎて拝みたくなります‥‥!

 

コチラからTimesPayの詳細をチェック


公式サイトでTimesPayの詳細を確認する

 

『Times Pay』のデメリット

 

ワイヤレスクレジット端末を導入する上でどうしても気になるのが、利用する上でのデメリット。

 

みかづき

私は用心深いので気になりますよ?後で色々請求されたり、使えない機能があるんじゃないですか?

 

色々リサーチしてみましたが、そのへんは大丈夫でした。

謎の請求なんてもちろんありませんし、分割・リボ払いもほとんどのカード会社で対応しています。

しかし唯一見つかったデメリットがコチラ。

 

自分のタブレットは使えない

 

Times Payを利用する際は、カードリーダー・モバイルプリンター・専用タブレットの3つが必要なんですが、この専用タブレットを自分がすでに持ってるタブレットでは代用できないってことです。

 

みかづき

せっかくなら自分のタブレット使いたかったんですけどねえ〜

 

しかしこれには理由があり、あえて専用タブレットに利用を限定しているのは『セキュリティガード』のため。

この専用タブレットは実はインターネット利用が制限されています。

ネット回線からセキュリティって犯されていくため、ウイルス感染やお客様の個人情報漏洩を防ぐためにロックされているというわけ。

クレジットって直接お金や口座が関わってくるので、万が一漏洩なんかしたらもう大変なわけです。

それをブロックしてくれるために、すでにセキュリティ機能を備えたタブレットが配布されるということですね。

 

コチラからTimesPayの詳細をチェック


公式サイトでTimesPayの詳細を確認する

 

『Times Pay』の機能・スペックまとめ

 

ではここでTimes Payの特徴をまとめましょう。

 

メリット

  • 1,無線接続なので場所を問わず使える
  • 2,実質0円で導入が可能
  • 3,手数料が3%程度で抑えられる

 

デメリット

  • セキュリティ対策のため、自分のタブレットで代用が出来ない

他のワイヤレスクレジット端末と比較されることも多いんですが、私の調べた限り手数料が一番安いのはTimes Payでした。(2018年9月の時点)

早めに導入しないと初期費用がかかる?

 

現在‪Times Payは初期導入は実質0円キャンペーンを実施していますが、こういうキャンペーンってずっと継続されるかは不明なんです。

今なら初期費用25,000円がタイムズチケット25,000円分でまるごとオトクになりますが、今後は普通に費用がかかるようになる可能性も充分にあります。

 

みかづき

25,000円はデカすぎますね‥‥www

 

気になる方は早めに導入した方がラッキーです。

是非参考にされてください!

コチラからTimesPayの詳細をチェック


公式サイトでTimesPayの詳細を確認する

それでは!

※ご覧いただいた時期によってはキャンペーン内容や割引率・金額・特典などに変更が生じている場合がございます。公式サイトにてご確認の上、ご利用くださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA